英語に関する基礎から英会話教室・TOEICまで「EngMaster」

 

 

「EngMaster」 英会話スクール
「EngMaster」 英語学習
「EngMaster」 英語教材
「EngMaster」 よくある質問
「EngMaster」 TOEIC

「EngMaster」 英会話スクール

たくさんの英会話スクールがありどこを選んでいいのかわからなくなっている人って結構いますよね。
このページでは英会話スクールの選び方について記載していきたいと思います。

レッスンのスケジュールには固定制と予約制がある
そうです。一番気をつけなくてはいけないのが、固定制か予約制かということです。
●固定制とは毎回レッスンが同じ曜日の同じ時間にあるということ。
ですから忙しい人は固定制を選んじゃダメですね。通えないと無駄になっちゃいますから。
固定制の場合には、休んだときの救済制度として「振替え」があります。レッスンにいけない日だけ他の日に変更することです。回数に制限があるのが普通です。

●予約制(フリータイム)はといいますと、好きな日に予約を入れて通えるシステムです。今はこちらが主流でしょうか。忙しくて予定が変わりがちな現代のサラリーマンに受けてます。
忙しい人は予約制のスクールを選びましょう。
ちなみに、同じスクールでもコースによって予約制と固定制の両方がある場合が多いですね。
特にどの英会話スクールでも先生と1対1で受けるプライベートレッスンは予約制がほとんどです。

先生の担当の仕方で、担任制と選択制とランダム制がある
管理人の独自な分類なんですが、レッスンを担当する先生のパターンは大きく分けると3つに。
●担任制は、同じ先生がずっと指導してくれること。外国人と話すのが怖い、不安という人はいいかも。先生としても同じ生徒をずっと見るので細かいフォローなんかもできるようです。先生と個人的に仲良く慣れるのもメリット。
でも、体験者の皆さんが言ってますが、飽きちゃう→マンネリになる危険はあります。

●選択制は生徒が毎回先生を指名できるというもの。自分のお気に入りの先生を選べるわけですね。慣れてないうちは相性のいい同じ先生を選んで、慣れてきたら、ちょっと変わった先生のレッスンを受けられます。

●ランダム制は毎回スクールで勝手に先生を割り振るタイプです。誰が担当するか分からないので当たり外れはありますが、まあ、誰とでも話す訓練にはなるでしょう。
英会話スクールにとっては都合のいいシステム。先生の振り分けが適当にできる。

グループレッスンかマンツーマンレッスンか
レッスンの形態でいうと、生徒の人数によってグループレッスンもしくは、マンツーマンレッスンかの二つに分けられます。
どのスクールもグループレッスンの他に、マンツーマンレッスンも用意しています。

グループレッスン・・・複数の生徒で受けるので、発言の回数は少なくなります。4分の一しか話せません。レッスン内容も決められていて、自分の思い通りには変えてくれません。しかし、1レッスンのコストは安くなります。他の生徒と仲良くなれる、とか他の人の姿を見てやる気になるとか良いこともあります。
マンツ−マンレッスン・・・・先生と一対一なので話す時間はたっぷりあるし、レッスンの内容を自分の為にアレンジできるのが2大メリット。しかし、1レッスンは8000円〜1万円と割高。マンツーマンレッスンといえば7アクト。マンツーマンレッスン専門のサービスでしかも1レッスン3,000円とリーズナブル。

解約の条件に注意
英会話スクールによっては解約のときに、そのスクールのルールにより、考えていたよりも損してしまう場合があるので注意。
具体的には、NOVAとベルリッツ。この2校は、消化したレッスンの単価を契約した時の単価よりも、高く計算されてしまうのです。だから戻ってくる金額がかなり少なくなってしまう。
毎月の分だけ払う月謝制もありますが、今はどこも解約に応じてくれるので大丈夫です。
受けてないレッスンの分は戻ってきます。念のため見学のときに確認しましょう。
それでも入会金は戻ってきません。
ちなみに、月謝制のところはレッスンも毎週決まっている固定制になります。
特別なのは7アクト。レッスンのたびに支払うので大変負担が少ないです。

お勉強かコミュニケーションか
英会話スクールにもやっぱりそれぞれの特色があります。
管理人自身そんなにいろんな英会話スクールに通ったわけではないので、これはあくまでも皆さんからの体験談などを総合した感覚的な分類なんですが、お勉強度を見た場合、学校系とコミュニケーション系に分類したと定義しましょう。
●学校系・・・中学、高校のように文法からしっかりお勉強するといった感じ。予習復習が義務となっているところもある。それなりに覚悟と意思が必要。
●コミュニケーション系・・・ネイティブとのコミュニケーションが中心。わりと楽しさ、気軽さを全面に出しているかな?習うよりも馴れろって感じ。会話なんだから馴れるのは非常に大切です。
●バランス型・・・・文法等の基礎力と、コミュニケーションもバランスよくこなす。
●先生で違う型・・・・担当する先生によって全然違う。担任制の場合は顕著。

どちらがいいかは、当然その人のレベルとか性格、求めているものによって違いますね。
◆英語は中学、高校の勉強で懲りた。学校の方法じゃあ自分は話せるようになりません・・という人は学校系は避けましょう。
逆に、
◆全く文法とかわからないから、受験レベルとは行かないまでも、多少の文法は整理したいという人はコミュニケーション系に行くと上達が難しいかも知れません。(自分で頑張って勉強すれば別です)

同じスクールでも場所によって違います
同じスクールでも場所が違うと、全然雰囲気が違うようです。場合によってはシステムも違うみたいです。
有名どころで挙げますとNOVAでしょうか。地方と東京では定員が違うみたいです。関西のECCには1年間通いたい放題のコースもあるそうです。
あと、一緒にレッスンを受ける生徒の年齢層や目的にも注意。学生ばかりのグループレッスンに社会人が溶け込むのは難しいです。
こればかりは、実際に通うかもしれないスクールに見学に行ってみないと分かりません。できれば、自分が通う時間帯にのぞいて見ましょう。
昼はどのスクールも学生や主婦が多いようです。夜は会社帰りの社会人ですね。
体験談だけで決めないで、自分の目で確かめましょう。

新設校
まだ出来たばかりで人数が少ない新設校は美味しいです。
NOVAやイーオン、ジオスなんかは結構頻繁に新規オープンしています(その分、統合整理、廃校されているみたいです)。シェーン、ベルリッツ辺りはフランチャイズで各地に小さな教室を作っているようです。

pickup

おいしい野菜でお料理を♪健康は毎日の食事から!

野菜 通販

専属インストラクターによるベリーダンス・サルサ・サンバ・美ボディーメイクレッスン・ワークショップも絶賛開講中!

ベリーダンス衣装 Desigual BOHEMIAN ROSE

ワンランク上の大人アジアン雑貨や大人バリ雑貨を販売しています。

アジアン雑貨

幼稚園・小学校受験指導を行っております

0歳児からの幼稚園受験

Last update:2015/10/30